2012年11月17日

地域の人の温かさ(地域マジック)

いこいの里でショートステイを行うと、
次の朝必ず担当のヘルパーや看護師が利用者さんを連れて
近くの喫茶店でモーニングを楽しみます。
それが日課(?)になっています。

先日もいつものように喫茶店へ利用者さんを連れて行った時、

「これ固いね~」といいながらおしぼりを一生懸命食べようとしている。

かなりの認知症のある方で、最近少し悪化しています。


その喫茶店の方はもうすでにいこいの里のスタッフと利用者だと
わかっているようで、この前も

「お祭りやるんだってね~」と声をかけられたそうです。


その日も、ヘルパーが少し気をそらした隙に、カウンターのマスターと
仲良く話していた。
変な目で見ることなんて全くなく、他の人と同じように優しく関わってくれる。
商売繁盛の秘密がわかるような気がします。

(モーニングのサービスもすごいし...)



現在、高齢者住宅建設前に隣人の方と少しだけ揉め事があります。
近くにでっかい建物が建つため無理もないです。

話し合いの真っ只中ですが、なんとかいい方向に話が進めばいいと
願っています。
場合によっては大きな譲歩が必要になるかもしれません。

どこかでお世話になることが必ず出てくる!という気持ちを大きく持ち
納得できるギリギリのところまで要望を聞く姿勢が必要だと感じています。


利用者さんがどんな状況になっても地域の中でその人らしく暮らしていくために
どうしても地域の方々の協力が不可欠であることを身をもって感じてきているだけあって、

そう言う身近なところから協力や理解が得られるような

それこそ

「地域マジック」を仕掛けていかなければいけません。


行き過ぎた認知症の方が自宅で生活することが
本当にその人にとって幸せなのかどうかいつも考えさせられますが、
生きていく上での選択肢がたくさんあるに越したことはないという考えのもと、
介護技術の向上やサービスの拡大を目指していきたいと思います。




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikoi_news/19996115