2015年06月21日

ゲシュタルト

あるピースと他のピースを離れたところに置いたとき(存在したとき)、

一つのピースを単独のものと把握せず、

ピースを「あるものの一部」として捉えて、ピースとピースの間の空白を埋め、

全体的な何かを見るという機能が働きます。

その名も、ゲシュタルト。

このゲシュタルト心理を追求し、新たな哲学を確立させていきたいと思います。


ゲシュタルト崩壊と新たな創造を繰り返し、

想像の可能性を広げていきたいと思います。

ツールは現在模索中。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikoi_news/45250965