2017年06月21日

サポート

そうなんです、

これから強力なものとして作っていこうと思っている組織内の上層フィールド。

その中の人間は編集長も含めて、決して偉そうにする部門ではなく

現場を各方面から徹底的にサポートするポジションなのです。


本当に会社の大切な決断をしなければいけない時は

現場の反対を押し切って完全命令の形で押し進んでいく時もありますが、

すべて現場のため

なのです。

常に「現場」がトップになければいけません。


これは決して綺麗ごとではなく信念です!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ikoi_news/51536542