2019年08月12日

応援

利害関係にあると

応援ができない(しづらい)ことを知った。


自分の手で納得のいく何かを築くことができたら、目標を達成したら、

残りの人生は「応援」にあると思っています。

もちろん今も応援団長だと思っていますが、

利害の壁をなかなか乗り越えられないことに気づきました。


自分の理想とする応援というのが

どんな形かまだもやもやしていますが、

自分が得てきた知識・スキル・経験・能力で

ダイレクトに人の応援がしたいと思っています。


そういう立場に立てたら(環境にいられたら)...

っていうのが夢ですね。