2020年04月26日

投資日記 vol.118 3年生

トレーダーデビューして丸2年がたち、

3年生にあがりました。( -д-)ノ


プロも翻弄させ、セオリーも全くきかない

超危険なパニック相場をこの時期に経験できて

とても幸運でした。


腕を上げていきたい!

それ一心ですね、今は。


どの道のプロも必ずやっていること。

「基本」を何度も何度も反復学習(練習)して

自分のものにすること。

10万回、100万回...と。


それをしない優れた人は多分存在しないと思います。

そして「自分流のスタイル」を自然と獲得するまでに

最低5年は覚悟しています。


トレードも投資も学問であり芸術であると思っています。

引き続き一心不乱に学んでいきたいと思います。



#7
















  

Posted by ikoi_news at 14:41Comments(0) | topへ↑

2020年04月21日

投資日記 vol.117 異常事態

いやいやいやいや、

原油(先物)が朝起きたらゼロ円になっていた!

そしてマイナスに突入。

マイナスってなんだよう。

つまり買い手がいなくて(在庫があまりすぎて)

お金をあげますので原油を引き取ってください

という形になっている。

異常事態!!

こんなことってあるんだ。


これから何が起こるんだろう。


  
Posted by ikoi_news at 08:57Comments(0) | topへ↑

2020年04月18日

投資日記 vol.116


必要な時に資金がない!


ビットコインの話になりますが、

3月に大暴落が起こりました。

全世界の銘柄が同じような動きをした。

ビットコインに関して言えば、

どんなタイミングだったか。

ほぼほとんどの人が上を見ていた。


まさかこのタイミングで、2018年についた底へ向かうとは。

びっくり仰天!!


そしてそういう時が最高の買い場なんです。

だけど買うお金がなかった。

ほとんどトレードの資金に入れこんでしまっている。

トレードの最中なので手仕舞えない。


編集長、ここで学んだんです。

何か大きな出来事が起こって市場が反応した時、

必ずそこに大きなチャンスが眠っています。

その時に自由に動かす資金が必要だと。

超流動性のある資産をある程度持っておくことが

チャンスをつかめる一つの手段だと。


これ、トレードに限らずです。


そしてここで借入ということも頭に浮かぶかもしれませんが、

トレードのための資金を借りるということには猛反対です。

このあたり、また語っていきたいと思います。


  
Posted by ikoi_news at 11:52Comments(0) | topへ↑

投資日記 vol.115

FXを始めて2か月。

一年前にも少しやっていましたがそこはカウントしません。

本格デビューを2か月前にします。


デモトレードするよりも

最初から小ロットでいいからリアルトレードするのが

編集長のモットーで、

その方が当然真剣になるので、勉強のスピードが上がると思います。

デビュー当日、

いきなり操作を間違えて20万円失いました。m(__)m

すぐ取り返したけどね。

市場にいくらか持っていかれて学んでいく職業です。笑


FXをやって感じることは

仮想通貨より安定している。

だから少しトレード手法は変わると思います。


今後の戦略は、市場を分散すること。

一つ一つデビューしていきたいと思います。

トレード環境作りは引き続き。


  
Posted by ikoi_news at 11:01Comments(0) | topへ↑

2020年04月08日

投資日記 vol.114

大きな経済的ショックが起こると

国はこぞって、経済を取り戻そうと

お金をじゃぶじゃぶ刷りまくります。

市場に出回るお金が2倍になれば

当然通貨の価値は半減します。

米国が行っている無限量的緩和。

理論的に言うと、無限にお金の価値がゼロに近づく行為

ということです。

今の主要国の法定通貨がハイパーインフレを起こして

価値が限りなく低くなってしまうということは考えにくいですが

特に新興国なんかはしょっちゅうハイパーインフレを起こしています。


ハイパーインフレになるとどこにお金が流れていくか。

金やビットコインです。

ビットコインの宣伝でした。


現在のビットコイン。

大きく下がることなく上昇トレンドを継続中。

そろそろ短期的な調整に入ってもいいかも。

そしていよいよ半減期が近づいてまいりました。

本格的な買いの仕込み時期、4月末か?

どんなチャートを描いていくのか楽しみです。


ハイパーインフレにならなくとも、お金の価値は下がっていくでしょう。

やはりリスクヘッジは必要。

研究を続けてまいりたいと思います。


  
Posted by ikoi_news at 10:41Comments(0) | topへ↑

2020年04月04日

投資日記 vol.113

 戦争になった時

 自然災害時

 病気になった時

などなどいろんなリスクに対しての対策やマネジメントは

世界規模、個人レベルで行われていますが、

いざパンデミック的なものになると

確かに弱い、準備(対策)が不十分、意識も低い。

だから今後(最近は「アフターコロナ」と言われていますが)

そこに対するいろんな規制も、変化も起こってくるでしょう、

我々の生活レベルにおいても。


その中で特に、お金(現金)。

結構汚いし、ウイルス感染源として注目されていますので

確実に世の中は「デジタル通貨」へシフトしていくと考えられます。


そろそろビットコインの出番かもしれません!



資産ポートフォリオにほんの一部でもいいから

入れておくといいかもしれません。

投資は自己責任でお願いいたします。m(__)m


  
Posted by ikoi_news at 13:30Comments(0) | topへ↑

2020年03月21日

投資日記 vol.112

ビットコイン速報。

いろんな金融市場のトップを走るかのように

ビットコインはかなり値を上げてきました。

ただ、トレードセオリー的には、暴落があった後の初戻りは「売り」。

このまま100万、200万と上がっていく大上昇は起こらないとみています。

ということで本当の買い場はもう少し後。


現在いろいろ大変なイタリアで

ビットコインのサービスが拡大し、

新規顧客が倍増しているようです。

そしてビットコインは今かなり安いところにいますので、

新規買いが集中し、(安値を買うを「Buy the Dip」というようです)

どこかのタイミングで「ビットコイン大上昇劇」が起こるかもしれません。


目指すは最高値2万ドル、次に5万ドル。

ってとこでしょうか。


今回、ビットコインにとって初めての世界的経済ショックの体験でした。

(リーマンショックの後に生まれたので)

これもまた市場成長の一過程だと

なんだか自分の人生に照らし合わせながら

日々チャートを眺めています。


  
Posted by ikoi_news at 16:41Comments(0) | topへ↑

2020年03月20日

投資日記 vol.111

だいたいのサイクル。

10年に一度、経済的ショックがなぜか起こる。

ショックのあと起こる現象は、

ショック → 怒り → うつ → 好転 のようです。

株価でいうと、ショックで大暴落が起こり、

そのあとリバウンドが見られますが またまた安値を更新します。

そして安値圏内で長い間もみ合いが起こり、

ある時期を境に上昇に転じていくという流れがあります。


リーマンショックで急激な経済の後退が起こって

それを取り戻すまでに1年以上かかっています。

一度ショックが起こるとそれを持ち直すまでに1~2年かかります。

今軒並みほとんどの市場が暴落相場になっている中、

株やCFDは買い場なのかと議論されていますが、

まだまだだと思います。(中・長期)


ここから1~2年が勝負だと思いますが、

今は辛抱。

必ず時が経てば経済は復活します。


  
Posted by ikoi_news at 11:45Comments(0) | topへ↑

2020年03月16日

投資日記 vol.110

仮想通貨全般もテクニカルがきかない相場となっています。

ある意味異常事態。

出口の見えない下落相場の真っただ中。


当分の間、短期的には戻り売り。

中・長期的な買いにもタイミングが重要になってきます。

割安だからと言って安易に手が出せない状態。

上がり始めてから、つまり上昇転換がかなり期待できるタイミングを

しっかり確認してからでも全然遅くありません。


短期トレードは売りで儲けるチャンスではある。

ただ、ヤバいな、

この経済情勢。


  
Posted by ikoi_news at 19:07Comments(0) | topへ↑

2020年03月13日

投資日記 vol.109

こんばんは。


デビュー2年目にふさわしい年。


連日、経済や投資の話ですみません。

NYダウも日経ももちろんですが、

ビットコインはじめ、仮想通貨が大暴落したことを受け

たくさんの投資家たちが自信喪失しているようです。

将来、「金」に代わる安全資産になると希望を持ち、

今回大きな変化の中、その存在を世に知らしめるチャンスではあったと思います。

しかし、今回の経済ショックにより、株式等と一緒に大暴落。

しかもすさまじい大暴落です。


自国の通貨に代わるリスクヘッジのための資産という機能は

たぶん十分働いていると思うのですが、

よーく考えてみると、

今回のような世界的大ショックの中で人々がパニックになって起こす行動は

まず、

資産を投げ売りして法定通貨に換えること。

だったんだな、と。

編集長だってもし今生きていくことが金銭面で大変になったら

金融資産を全部売って現金化するもんな。


今回の予想だにしなかった大暴落を受け、

ビットコイン市場から撤退する名トレーダーもいるようです。

そして今割安だからといって安易に大量購入しようという心理になれません。

もう少し様子を見る必要があります。


編集長はどうかというと、

もうすぐトレーダーとして丸2年が経とうというところで

本当に感情を大きく揺さぶられるような経済の変化が起こったことで

毎日というより毎分毎秒、勉強になっております。

今回のみで言うと、

大きなチャンスをものにできなかったこと。(週足での予想はついたから)

資産も目減りしてしまっていること。

そして、

出口が見えない経済ショックで割安だからと言って「チャンスだ!」って飛び乗れないこと。

確かに少しへこんで暗い気持にはなっていますが、

じわじわと次なる戦略を考えていっています。


でもまず戦略を練る前に、

もう一度、深い目で世界経済を見渡してみようと思います。


それではおやすみなさい。


  
Posted by ikoi_news at 20:31Comments(0) | topへ↑