2021年05月18日

医療2021

今日は看護・リハビリの合同会議が行われました。

月1の会議が4月よりスタートしています。

「今日の会議ためになった?」と聞いたら「ためになった」と返ってきたので

これからも張り切ってまいりたいと思います。


まだまだ会議を行うための情報が少ないため、

会議構成やシェアする情報を選定して

徐々に質の高い会議を目指します。


医療部門の今年のビジョンや目標は

まだ確定していませんので急ぎたいと思います。


  

Posted by ikoi_news at 15:08Comments(0) | topへ↑

2021年04月19日

支援物資

厚生労働省から訪問看護ステーションにグローブが送られてきました。

時々いろいろくれます。

助かります、ありがとうございます。



#2130













グローブ、今すごく高いから。


  
Posted by ikoi_news at 13:28Comments(0) | topへ↑

2019年11月12日

看護拡大

基礎を作ってきた訪問看護ステーション。

本当の意味での発展の時期にいます。

各病院との連携も年々強化されてきて

今後どんな広がりを作っていくか非常に楽しみです。


看護師である社長も年齢を重ねてきましたが

最低でもあと5年は頑張ってほしいと契約を交わしました。

どんな契約かと言いますと

心の契約です。

今日も名古屋で研修のようです。

「体が資本」をモットーに今でも現役。

もし将来引退があるとするならば

これまで以上の輝かしい業績を残して卒業するかと思います。


  
Posted by ikoi_news at 08:43Comments(0) | topへ↑

2018年08月12日

ターミナル

「ターミナルケア」に力を。

社長の思いです。


設計段階から考えていくべきことはたくさんあります。

研究を続けてまいります。



  
Posted by ikoi_news at 10:44Comments(0) | topへ↑

2017年06月28日

next step

訪問看護ステーションの拡大を夢見ている編集長でございます、

こんにちは。

でも次の一歩がどうしても踏み出せないでいます。

まず7月にそれ関連の研修に参加しますので何か掴んできたいと思います。


難しい事業ですが、可能性の高い事業でもあります。

「次なる一歩」をお楽しみに!


  
Posted by ikoi_news at 12:01Comments(0)TrackBack(0)| topへ↑

2017年05月12日

ナイチンゲール

おはようございます。

今日は「看護の日」だそうです。

Happy birthday to ナイチンゲール!!

ますます医療分野を強くしていきたい思いが強いです。

今日は一日、訪問看護ステーションの発展と、

地域医療の本当の形を自分なりのイメージで描いてみたいと思います。


「看護は芸術であり科学である」と言葉を残したナイチンゲール。

彼女に関する本が何冊もあるのでもう一度読み返したいと思います。



最も上手に人をおさめるのは、
自分の責任下にある人々を
愚かに甘やかすのではなく、
その人のためになること、
その人にとって最高の利益になることを、
親身になって考える人です。


        by ナイチンゲール


看護師としてだけでなく、マネジメントに関しても人の先を行く人でした。

本質はいつの時代も同じです。


  
Posted by ikoi_news at 09:40Comments(0)TrackBack(0)| topへ↑

2017年03月27日

認定式

認定式が終了いたしました。

新しい任務、よろしくお願いいたします。

訪問看護ステーションの土台を作って強くする一年。

細かい戦略はブログでは伝えられませんが、

強い思いだけ伝えておきます。


  
Posted by ikoi_news at 15:11Comments(0)TrackBack(0)| topへ↑

2017年03月02日

もう一つの独立・発展

訪問リハビリも含めた訪問看護ステーションの独立へ向けて、

さらに意思を固めました。

実はもうすでに水面下で動き始めています。

ただ大きなことなので長期間かかることは覚悟しています。

地域医療を守るために少しでも貢献できればという思いで、

信念を持って突き進んでまいります。

(お金持ちになれる事業所でもありますし。。。)


そういえばサイトのほう、訪問看護のページだけまだでした。

早急にアップします。

  
Posted by ikoi_news at 11:36Comments(0)TrackBack(0)| topへ↑

2016年05月11日

ハイリスク

今日は訪問看護(リハビリ)の会議でした。

編集長、いよいよ会議で何を言っているのかわからなくなってしまいました。

別にわからなくてもいいのですが、

「いこい新聞編集長」のプライドにかけてわかるように努力したいと思います。

先日入院されたIVHのご入居者様ですが、

近々退院されるという情報が入り、訪問看護スタッフがあわてていました。

それだけはわかりましたのでご報告しておきます。

嚥下にかなり問題があり、またすぐに誤嚥性肺炎を起こしてしまう可能性が高い方、

「サ高住」で引き続き生活できるのだろうか?

頑張ってください。

  
Posted by ikoi_news at 11:55Comments(0)TrackBack(0)| topへ↑

2016年02月08日

終末期

名大付属病院から最近退院されてきた癌末期のご利用者。

当社の訪問看護と訪問医で最後のターミナルケアを行っていきます。

麻薬を経口摂取し、食事も口から摂れませんので毎日点滴を行います。

本当に終末期です。


近々グランドール西尾へ入居される方。

自立の方で、介護サービスとは無縁ですが、

ご本人は看取りまで行ってくれる住宅を探していたそうです。

これまで訪問看護では看取りを何度か行ってきました。

終末期の看護ケアの質を上げ、

こういう方たちの受け入れ体制を強化していきたいと思っています。

  
Posted by ikoi_news at 13:47Comments(0)TrackBack(0)| topへ↑